新刊のお知らせ

BBG_表紙_front

長崎市の観光名所グラバー園は、旧長崎居留地南山手居住区の現地に広がる。山腹の最も風光明媚な位置に建っているのは、日本最古の洋風建築「旧グラバー住宅」である。国指定重要文化財であり、世界遺産に登録されている。

本著では、その歴史的背景と建築的特徴のほか、元の所有主でスコットランド人商人のトーマス・グラバー、また日本人女性との間に生まれた悲運の息子、倉場富三郎の生涯と業績、さらには太平洋戦争後に「蝶々夫人ゆかりの地」として世界的に注目を浴びた「旧グラバー住宅」の波乱に満ちた歴史を、史実と新資料に基づいてひもとく。

タイトル        写真でたどる旧グラバー住宅の歴史
著者                ブライアン・バークガフニ
規格                B5版
価格                1600円(税別)
ページ数        72
発行時期        2020年春
ISBN              978-4-9908240-2-0 C0021

ご注文は Amazon.co.jp

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s